■プロフィール

safran

Author:safran
Birthday:1月19日
Blood type:A
Hobby:ウエイトトレ・PC関連
リンク・コメント大歓迎です!!

■真面目な記事
■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■月別アーカイブ
■ブロとも申請フォーム
■カウンタ
■ブログ内検索

■フランちゃん

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
バルクパウダーの味のレビュー
マイアミからはるばると私の家に注文したサプリが届きました。
中身はこの前紹介した
NAC
アセチル・Lカルニチン
クレアチングルコネート
ベータアラニン
エルゴファーム社AMP2
です
NUTRAPLANETで注文しました。

さてさて、レビューと言ってもこの手の物は効果が現れるまで時間がかかるものです。
なので今回は味のレビューといきましょう。

これらの成分は大体が製品化されて混合して入っているものですが今回の購入のように
バルクパウダーで購入することにより安価に、効果を選択して利用することができます。
ただし、知識はその分必要ですが、それよりも味の心配があります。
一般用に製品化されているものであればフレーバーなどで味付けがなされていますが
バルクパウダーは素のままの味です。
少し勇気がいるもので今まで手を出そうかと迷っていました。

さて、飲んでみた感想は・・・・

NAC・・・・・・・・・・・・・・・・・なんか酸っぱい、だけどそこまで後味が悪いものではない。
アセチルLカルニチン・・・・・NACよりさらに酸っぱい、ビルダー飲みを勧める。
ベータアラニン・・・・・・・・・あまり味がない、ほんのり甘い、少し舌がひりひりする気がする。
クレアチングルコネート・・・ぶどう糖のような甘みがあるクレアチン製品の中では最も飲みやすい気がする。

AMP2はカプセルなのでレビューはありませんが何かすごいラズベリー臭がします。
ジェラナミンはエフェドラに代わるとされる強力な脂肪燃焼及び集中力強化作用があるので
期待が持てそうです。

ここで番外編
CEE
いわゆるクレアチンエチルエステルです。
クレアチンをエチルエステル化して吸収を高めたもので少し前までまずいが効果があると言うことで人気がありました。
上記レビューのついでに飲んでみました。
感想は・・・・・・・・\(^o^)/オワタ やはり人の飲むものではありません。酸っぱいのに苦い


コメント・質問大歓迎です

スポンサーサイト

テーマ:筋トレ - ジャンル:スポーツ

スポーツ | 21:08:44 | Trackback(0) | Comments(0)
プラグインを変えてみました
プラグインを変えてみて
何となくすっきりしたようなしないような。
加えてブログランキングにも登録してみましたのでたまにクリックしてやってくださいな。
とりあえず寝た方が良さそうだ・・

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

未分類 | 01:57:43 | Trackback(0) | Comments(0)
トレーニング日記2/22
今日のトレーニングは

スクワット
ベンチプレス
グッドモーニング
トランクツイスト

のBIG3+腹部のトレーニングをしました。

とりあえず
スクワットでもう足ががたがたです和式便所には行けませぬ・・・・
補助無しで追い込んだので結構恐怖を感じましたww
まあ、あれですね人間危機的状況になると馬鹿力が出るとか何とか。

グッドモーニングは最近流行っているらしきデッドリフトに代わるトレーニング方法です。
興味のある人は雑誌でも見てください。


テーマ:筋トレ - ジャンル:スポーツ

スポーツ | 09:36:37 | Trackback(0) | Comments(0)
続続 サプリメントの購入
さてさて最重要重要の栄養成分であるプロテインとカーボについて長々と書いてしまいましたが
本題のサプリメントに入るとします。
今回私が注文したサプリは

ベータアラニン
N-アセチルシステイン
アセチルL-カルニチン
クレアチングルコネート
ジェラナミン
です

この中でよく聞かれる物としてはクレアチンが挙げられます。
クレアチンは筋肉内に蓄積されることにより第1次エネルギーとして利用されます。
体内には3つのエネルギー再合成過程がありそのなかで最も反応が早いのがこの
クレアチンを利用する過程です。
3つの種類の中で最も多くのエネルギーを放出できますがすぐに切れてしまいます。
ダッシュをする際など瞬発力を使うときに主に利用されます
瞬発力を要する運動をするとすぐに疲れるのはこのためです。
そこで外部からクレアチンを補給及び貯蓄することにより瞬発運動の
パフォーマンスを高めることができます。
そのほかに血液のphが変化するのを防ぐことによる耐疲労効果もあり
現代のスポーツ選手には欠かせない物になっています。

今回購入したクレアチングルコネートは日本では購入できない特殊な物です。
日本のスポーツ店で売られているクレアチンは
クレアチンモノハイドレートというもので安価で製造できる物ですが
日本では大変価格がつり上げられており他国の価格と比較すると
ボッタクリと言わざるを得ません。
クレアチンモノハイドレートは研究結果はしっかりそろっており効果もあるのですが
まず吸収率があまり良くないこと(クレアチニンに変質してしまう)
水分貯留しやすい特徴があり体重が数%増えてしまいます。
水分補給をしっかりしないと肉離れなどにもつながってしまうので注意が必要です。
そこでクレアチンモノハイドレートを改善してより吸収率がよい物を作ろうと言うことで
クレアチンマレート クレアルカリン クレアチンエチルエステル などが作られ
今回購入したクレアチングルコネートが最新のクレアチンとなっています。
クレアチングルコネートはグルコースデリバリーの過程を用いるためとても吸収率が良くなっています。
吸収率と価格を比較して購入しやすいのはクレアチンエチルエステルですが
これはまずいので私は買いたくありません。

クレアチンモノハイドレートでも長い目で見ると効果は十分にあるので
(補給スピードが違うだけで最大まで蓄積されれば同じ)
試しに買ってみるのもいいと思います。

クレアチンだけの紹介になってしまいましたが見返すとよくだらだらとこんなに書いたものだと。


テーマ:筋トレ - ジャンル:スポーツ

スポーツ | 16:08:24 | Trackback(0) | Comments(0)
続 サプリメントの購入
だいぶ日が空きましたが私のトレーニング計画は全然進行していません!!(キッパリ
なかなか忙しい(言い訳)もので取りかかりが悪い...

さて、前回の続きですが今回はカーボハイドレート(炭水化物)についてです。
トレーニングをする上でたんぱく質と同様に最重要とも言える物でもあります。
ウエイトトレーニングといえばプロテインの摂取は常識ですが、
炭水化物の摂取は見落とされがちです。
日本ではやせるorかっこよくなるためにトレーニングをするという人が多いため
炭水化物や脂質などを嫌悪する傾向が強いようです。
しかし、負荷の強いトレーニングを行った後は筋グリコーゲンは消費され少なくなります。
それを補充してやらないと回復が遅くなってしまったり弊害が出てきます。
でも、太りたくないから甘い物などは摂りたくないという方もいるでしょう。
そこは心配無用です、トレーニング後はいろいろなホルモンの影響で
カーボは体脂肪にはほとんど蓄積されず、グリコーゲンの補充に当てられます。
また、本格的にトレーニングをしている人はそのホルモンを利用して
蛋白同化作用を高めようともしています。
そのホルモンとは
インスリンです
インスリンは糖尿病などでよく名前が知られるホルモンですが
血糖値を下げる働きだけではなく筋グリコーゲンの補充や蛋白同化にも関わっています。
そこでGI(グリセミック・インデックス値)が高いカーボを摂取することにより
インスリンを体に出させてトレーニング効果を増大させようという方法です。
この方法はトレーニング後にプロテインとGI値の高いカーボ(マルトデキストリンやぶどう糖など)
を一緒に摂るだけです。大体1:1~1.5の割合

これはウエイトトレーニングの例ですが
他に総合型の運動をしている人にはさらにカーボの補給は大切になってきます。
ウエイトトレーニングをするときよりも遙かにシビアになります。
ここでのカーボの補給はインスリンの放出とは違い筋グリコーゲンの補充を重視します。
例えば高校の部活に入っているなんて人は積極的にカーボを摂取するべきです。
この場合のカーボはワキシマイズスターチが最良ですが(筋グリコーゲン補充のスピードより)
日本ではあまり売っていないため、粉飴なんかがいいかと思います。
粉飴のマルトテトラオースはぶどう糖よりGIが低く甘みも低いため運動後には摂りやすい。
最低砂糖でもいいので、運動後にはプロテインとセットで
何かを摂ることを心がけたい物です。
おにぎりなどもありですけどね。(すぐに食えるかというと???ですが)

カーボはまだまだ奥が深く、全然分からないこともたくさんあります。
勉強せねば・・・。

次はいよいよ、というか引きずりまくっていた、私が買ったサプリメントについてです。



テーマ:筋トレ - ジャンル:スポーツ

スポーツ | 01:41:41 | Trackback(0) | Comments(0)
サプリメントの購入
さてさて先日ウエイトトレーニングの話題を出しましたが
ウエイトのみならずすべてのスポーツで共通していることは
向上のために必要なのは、負荷・栄養・休養の3つです。

そこで、栄養補助にはサプリメントが有用です。
日本ではサプリメントというと摂りすぎると良くないだとか体に悪いだとか
マイナス印象がぬぐい切れていないのが現状だと思われます。
アメリカなんかでは病気にかかると大変お金がかかってしまうためにサプリメントによる
予防が発展しておりサプリメントで言えば日本何かよりも何世代も先を行っているのです。

まず基本のサプリといえばプロテイン(たんぱく質)・カーボ(炭水化物)です。
たんぱく質は体重の1.5倍から3倍(トレーニングの強度により可変)といわれておりますが
この量を普通に摂るとなるとまず脂肪過多になってしまいますし
そんなに食べることも難しいです。
そこでプロテインが重宝されるわけで
まず基本(食事)があってのサプリメントだということを忘れてはいけません。
プロテインはまず大きく大豆と乳と卵の3種類がありその中でも乳のプロテインが一般的です。
その中でホエイ・カゼインと分かれるのですが
ホエイプロテインが生物学上有効とされています。(アミノ酸スコアと吸収率より)
そこからさらにWPC・WPIなどがあるのですが省略させていただきます。
ちなみにWPIの方が優れています。
摂取タイミングは運動後・就寝前が最も効果的タイミングです。
就寝前は吸収を穏やかにするため牛乳と混ぜて摂ることをおすすめします。

疲れたのでカーボは次の記事で・・・・(オイ

テーマ:ウエイトトレーニング - ジャンル:スポーツ

スポーツ | 10:39:41 | Trackback(0) | Comments(4)
ウエイトトレーニングのコツ?
最近は外もずいぶんと寒くランニングなどを日課としている人もサボりがちになっていたりはしないでしょうか?
自分ははっきり言って運動量が減少しました、通学が自転車から電車になり
10kmの自転車が無くなり相当運動不足のような感じです。
なので、ウエイトトレーニングで筋肉をつけて春にたまった脂肪を減少させようという魂胆なのです。

思いつきで言っているわけではないですよ・・・・


ウエイトトレーニングで体を引き締めるコツは
まず、減量期と増量期を決めることです。
筋肉を増やして脂肪は減らすなんて言うのははっきり言って無理なのです。
どっちもやろうとすればただ効率が悪くなってしまうだけで
どちらの目標も達成できなくなってしまいます。
なので私は2~3月を増量期4~5月を減量期とすることにしました。
増量期は脂肪がつくことをおそれずに筋肉のためにしっかり食べることが大切です。
そして減量期は増量期でついた脂肪を食事制限と有酸素運動により落とします。

くれぐれも計画倒れしないようにがんばります

テーマ:ウエイトトレーニング - ジャンル:スポーツ

スポーツ | 19:58:55 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。