■プロフィール

safran

Author:safran
Birthday:1月19日
Blood type:A
Hobby:ウエイトトレ・PC関連
リンク・コメント大歓迎です!!

■真面目な記事
■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■月別アーカイブ
■ブロとも申請フォーム
■カウンタ
■ブログ内検索

■フランちゃん

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
NO系サプリ
さて、遅くなりましたが
今回はNO系サプリメントを検証していきたいと思います。

NOとはそもそも何か、サプリメントを使わないという意味ではないですよwww
これは化学式でNO(Nitric Oxide)つまり一酸化窒素のことです。

高校生なら化学Ⅰで習いますね。
有名な地球温暖化ガス及び大気汚染物質です。
えっ?そんな物を体の中に取り込んでも大丈夫なの?と思われる方もいらっしゃるでしょうが
気体としては有害に働くこの物質、体の中では有意に働くのです。
大きな特徴として血管拡張効果があります。
つまり血圧が下がり、血流の流れが良くなるということです。

そこで、一般的に思いつくのが狭心症の特効薬 ニトログリセリンです。
純ニトログリセリンというわけではないですが(純粋な物なら爆発するため)
このニトログリセリンを舌下に垂らすと体内でNOが発生します、それにより血管が拡張し
狭心症の発作が治まるという仕組みです。

なぜ、その血管拡張効果がスポーツに応用されているのでしょうか?
それは、栄養のデリバリーを改善するため・疲労物質をできるだけ早く取り除くためです。
ウエイトトレーニングをする人ならパンプアップという言葉を聞いたことがあるでしょう。
それは血管が拡張して起きる現象で、一般的に乳酸がたまり水分を引き込んで起きる
現象とされています。(真意はどうなのか?

このパンプアップした状態が最も筋肉を成長させることのできる状態とされており
トレーニーはこの状態になるまで、ウエイトトレをします。
そして、NOはパンプ状態を容易に作り出すため注目されていると言うことです。

NOサプリの主成分は何か?
NOは気体ですからサプリメントにして摂取することはできません、ではどうするのか?
実は、アルギニンというアミノ酸が体内でNOを発生させる手助けをするのです。

また、最近のNOサプリは一酸化窒素のみに重点を置いているわけではなく
クレアチンやベータアラニン・カフェインなど、運動能力を総合的に上昇させる
フォーミュラーとなっています。

そして、アルギニンや他成分を効率よく吸収させるためにEE化やマレート化、グルコネート化
などを施している製品も多数あり選ぶのが大変です・・・

選ぶポイントとしては、アルギニンはEE化されているものクレアチンは複数が混合されている物
がいいと思われます。

NO系サプリはほとんどが総合サプリメントなのでトレーニング前に
それだけ飲んでおけばいいという感じでとても楽ですね。

コメント欄での情報交換も大歓迎ですのでどうぞご利用ください。

スポンサーサイト

テーマ:筋トレ - ジャンル:スポーツ

スポーツ | 12:29:34 | Trackback(0) | Comments(4)
さて、自作しますか
ヤフオクでPCパーツをいろいろと買いあさり
今回ついに自作することになりました。
約4年ぶりの自作です。
今までよくAthronXPで過ごしてきたなぁ~

さて、スペックand価格でも晒しますか

CPU Pentium DC E2200 約7500円
M/B GIGA GA-965P-DQ6 約6500円 ジャンク
MEM A-DATA Vitesta Extreme800+ 1GBx2 約5000円  OC仕様
VGA 玄人志向 GF8600GTS-E256HW 約12000円
電源 玄人志向 KRPW-V400W 約4200円
DVD  流用
ケース 流用
CPUクーラー ANDY 約4500円

とまあ、4万円に満たなかったわけです。

これからOCでもしてみるつもりですが、その前にジャンクマザーがどうでるか・・・・
不安なところでもあります。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

パソコン | 10:05:13 | Trackback(0) | Comments(0)
サプリメントの意義
どうして、スポーツ選手はサプリメントを摂るのでしょうか?
スポーツ選手のみならず現代人はサプリメントを摂っている人が少なくありません。
それは簡単なことですね、足りない栄養分を補給するためです。
ここにアクセスする人なら大半は知っていることでしょう。
しかし、よく勘違いされやすいのは自分の能力を高めるために摂るということです。
間接的にはつながるかも知れませんが、実際に飲むだけで体に大きな変化が起こる物は
早々ありません。 (あるのであれば医薬品に分類されてしまいます)
努力に一押しするためのサプリメントです、これが分かっていないと
溝にお金を捨てているようなものです。

そして栄養の日本人の基準値を満たしていれば足りているというのははっきり言って嘘です。
あれはあくまでも日本人の平均の基準に過ぎません。
なので、個人がどれくらい摂らなければいけないかというのは変わってくるのです。
スポーツ選手ならなおさらです。
クレアチンなんて通常の人の数千倍の量を摂って飽和させるのです。
ビタミンだけ例外で普通の人と同じ量を摂ればいいなんて言うのはどう見てもおかしいでしょう。

最近はサプリメントの効果に期待を持ちすぎて無駄な買い物をしている人もよく見かけます。

例えば スポーツ選手の栄養でよく足りなくなる物とすれば
たんぱく質 ビタミンB群 ビタミンC などですね。
これらは最も優先的に摂らなければなりません。
しかし、BCAA、ベータアラニンやアルギニン等のNO系など
先進的なサプリメントが次々と市場に出回り、こちらにばかり目がいく人も少なくないでしょう。
そして基本がおろそかになっていることがよくあります。
基本的な栄養素は確かに地味な印象があります。
なぜならもうスポーツ選手ならわかりきっているはずだから誰も気にとめないのです。
実際には
基本的な栄養素がきちんととれている人>基本はだめだけど先進的なサプリを使用する人
という結果が出てしまうのです。

材料がなければ物は作れません、材料は基本栄養素、作業を加速させるのが補助の栄養素
(応用 先進的サプリメント)です。


2回連続で基本的な記事でしたが、次はNO系サプリについて特集したいと思います。

テーマ:筋トレ - ジャンル:スポーツ

スポーツ | 15:59:28 | Trackback(0) | Comments(0)
テストステロン(男性ホルモン)と筋肉
筋肉が付くこと、それは様々な要因が複雑に絡み合って起こる現象です。
有名なものに負荷・食事・休養というのはトレーニングを行っている人であれば
誰でも知っていることでしょう。
これだけを見れば誰もが同じように筋肉がつけられると思いますね。
しかし、実際は筋肉が付きやすい人・付きにくい人が存在します。
簡単な例としては女性と男性、当たり前のように思うかも知れませんがよく考えてみると
なぜ、このように違うのか疑問が浮かぶと思います。
女性が男性と同じ重量・食事・休養時間でトレーニングを行っているとしましょう。
しかし男性の方が数倍早く筋力が向上します。

男性と女性で内分泌物質が極端に違います男性なら男性ホルモン女性なら女性ホルモンが
多いというのは誰もが知っているでしょう。
この男性ホルモンであるテストステロンというホルモンが筋肉の増加に深く関わっているのです。
テストステロンが多いほど筋肉量の増加が起きやすいのですが
これは個人差があります。
テストステロンは男性のような体格や容姿を作り出す作用があります。
男性の中でも細い人やがっちりしている人がいます。
それは、このテストステロン濃度が関わっていると考えられます。

さて、このテストステロン濃度を上げることができるでしょうか?
これはトレーニングをしている人にとって一番知りたい事柄だと思います。



残念ですが実際にテストステロンの分泌を促進させるような物質は無いと思われます。
トリビュラステレストリスやロングジャックなどは医学的根拠がありません。
私としてはこのような製品は効果がないと思っています。
あったとしても体感ができるほどではないと思われるため金を出すほどではないでしょう。
ただしアンドロゲン受容体の感度を上昇させることができるという報告がある物に
L-カルニチンがあります。
アセチル-L-カルニチンの形で1日2g程度の摂取が有効です。


また、アナボリックステロイドというのは聞いたことがある人が多いと思います。
いわゆるドーピングです。
あれは実際にテストステロンそのものを注入しているのではなく、テストステロンよりもさらに強力な
科学的に合成されたホルモンを使用しています。
よって爆発的な筋肉が付く仕組みとなっています。
もちろん副作用があり大会でも禁止されています。
しかし、筋肉増強をもとめる余り手を出してしまう競技者も少なくないのが現状です。

プロホルモンも同様です
プロホルモンとはプロトタイプホルモンの略です(プロフェッショナルと間違っている人は多いですね
ホルモンの前駆体を取り入れることにより、体の中でホルモンを生成します。
ですが、現状のプロホルモンはすべてステロイドです。
簡単に言えば安全性には配慮されているステロイドだと思った方がいいと思います。
安易に手を出すのはやめましょう。
自己責任・大会への参加は禁止で使用する分には構いませんが、
自分でしっかり管理しないと大変なことになります。


テーマ:筋トレ - ジャンル:スポーツ

スポーツ | 01:10:49 | Trackback(0) | Comments(0)
クレアチンの進化
日本で売っているクレアチンはほぼ100%クレアチンモノハイドレートです。
これはクレアチンができてからの経緯を見ても最も古い物です。
それ故、研究結果も確かな物とされており、運動効果の向上が見込まれます。
しかし、モノハイドレートは胃で脱水されてクレアチニンになってしまうのと水分を引き込んでしまう
作用があり吸収率もあまり良くありません。
体重が増えてしまう副作用もあるため、敬遠する人も少なくありませんでした。

そして、これらを改善するために様々な工夫が施されるようになります。
例えばクレアルカリン、クレアチンを強いアルカリ性にして胃液から保護しようとしました。

次にクレアチンエチルエステル クレアチンにエチルエステル基を付加しています
これによりエチルエステル特有の親油性が加わり
より早く腸より吸収されクレアチントランスポーターを必要とせずに
筋肉細胞に直接吸収されると考えられています。

他にもクレアチンマレートなど様々なクレアチンが開発され続けてきました。
そして最新のクレアチングルコネートは
グルコース経路を最大限に活用できる設計となっており今までとは段違いの吸収力があるそうです。
ギャスパリ社のサイズオンなどクレアチンフォーミュラー系に導入されています。
nutraplanetでは単体販売をしており500gで35$です。
興味のある方はどうぞ。

また、日本のクレアチンの問題は価格にもあります。
例えば日本のD○Sのクレアチンモノハイドレートは300gで約3000円 グリコが同量で3400円
一方MRM社のクレアチンモノハイドレートは1kgで約21$ 現在のレートで約2200円です
何倍違うでしょうかね?
品質的にはどれも世界最上級グレードです。
参考までにnutraplanetでは1kgで13$とさらに安くなっています。
やはり、この値段の違いはサプリメントに対する文化の違い?だと思います。
アメリカでは予防医学が発達しており(医療保険制度がないため)
同時にサプリメントが発達しています。 
なので日本と差が出てしまっているのだと思われます。

やはり、サプリメントは海外製を利用した方がいいと私は考えますね。


テーマ:トレーニング - ジャンル:ヘルス・ダイエット

スポーツ | 19:03:37 | Trackback(0) | Comments(1)
アールグレイ
え~と私はこの紅茶が大好きです。
誰でも紅茶の種類でダージリンというのは聞いたことがあると思います。
そして、少し紅茶好きの人であればアッサムやウバそしてこのアールグレイもきいたことがあるでしょう。
アッサム・ダージリン・ウバは産地を示しているのですが、このアールグレイは違います。

アールグレイというのはベルガモットという果実の香りをつけた紅茶です。
産地と勘違いされがちですが、れっきとしたフレーバーティーです。

このベルガモットの香りはとても落ち着きのある香りで
着香茶であるアールグレイはアイスでも香りが比較的分かりやすいため、
アイスティーに用いられることも多いです。
私はアイスティーが好みなのでとりあえず勉強中はこれに限ります。
IMG_0458.jpg


画像が微妙なのは仕様です

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

日記 | 22:31:29 | Trackback(0) | Comments(0)
クレアチンとベータアラニン
このブログにアクセスしている人はベータアラニンやクレアチングルコネートなどで
ヒットしている人が多いようです。
今回はクレアチンとベータアラニンを取り上げます。
クレアチンとベータアラニンこの2つの成分に共通しているのは何でしょうか?

それは蓄積性、つまり飽和状態にすることで最高のパワーを発揮すると言うことです。
ベータアラニンは厳密に言えばベータアラニンを飽和させるのではなく
カルノシンを飽和させる目的で使います。
カルノシンはベータアラニンとヒスチジンから作られます。
カルノシンを直接補給するよりもベータアラニンの形で補給する方が
効率が良いという報告があります。

このカルノシン、スポーツ生理学などではよく耳にするのですが初耳の人も多いかと思います。
疲労により血液中に水素イオンが生じphが若干変化します。
カルノシンはその変化を抑える働きをします。
以前は乳酸が疲労物質であるとされておりカルノシンは乳酸に抵抗すると考えられていました。
しかし、乳酸が疲労物質だとされる根拠が実は無く現在疲労物質の正体は分かっていません。
(phが変化することは確かだそうです)

簡単に言うと有酸素運動では乳酸は蓄積されません、にもかかわらず膨大なエネルギー源である
脂肪を使い切る前に人間の体は疲れてしまいます。
よって乳酸以外の何かの原因があることは間違いないのですがその正体はまだ分かっていません。

そしてベータアラニンはクレアチンと相性がよいとされています。
クレアチンが利用されるのは非乳酸性機構です
このときベータアラニンが飽和状態にあるとこの機構を使える時間が長くなるそうです。(ソースは忘れた)
間違ってたらご指摘お願いします。



テーマ:筋トレ - ジャンル:スポーツ

スポーツ | 20:51:32 | Trackback(0) | Comments(0)
脂肪燃焼 at AMP2
以前、紹介したAMP2ですが・・・・
実は、少しびびって使っていなかっただけでした(;´Д`)

このAMP2というサプリメントはErgopharm社で製造されています。(米
なぜこのAMP2を使用することにびびっていたかというと、ゲラナミンとチョカミンという
かなり強いアルカロイド形成分が配合されているためです。
これらの成分は強いアドレナリン様作用(興奮作用・脂肪燃焼・体温上昇)及び食欲減退作用があります。
その威力は凄まじく週3回以上使用しないようにと注意書きがなされているほどです。

以前エフェドラという強力な脂肪燃焼サプリがありました。
しかし、その効果故に乱用する人が出てきて、死亡事故まで起こってしまいました。
きちんと管理して使用すれば効果は抜群なのですが、危機管理がしっかりなされないまま
市場に出回ってしまい安易に消費者が使用してしまったための結果です。
現在は販売・輸入禁止措置がとられてしまいました。

そして今回のゲラナミンはエフェドラに迫る脂肪燃焼作用があります。
アルカロイド成分は効果と副作用は比例関係にあり、効果が強いほど副作用も強くなります。
なので少しびびっていたわけです。

そこで今回やっと使用してみました(・∀・)
その効果は・・・・
これは・・・・・
体が熱い。。

体温上昇効果は15分位で現れ心地よい高揚感が3時間以上持続します。
副作用はこれだけで現れるわけもなく
とてもいい感じでした
体感できるサプリメントとしては最高峰だと思います。

ちなみにゼナドリンやザントレックスはカフェインが主体のサプリメントで脂肪燃焼作用は
今回紹介したAMP2より何段も劣ります。(昔はエフェドラ等が入っており強力でした)
AMP2にはカフェインも含まれており相当強力な物です。

ご使用の際はくれぐれも気をつけてご計画的にお願いしますよ
乱用して倒れても責任は負いかねます。

ただし効果は確実です、日本でのまやかしのサプリなんかははっきり言って
ゴミといいたくなるほどです。

ps最近バイオスハザードとかいうまやかし系サプリが流行っているようですね・・・・・
 あまりだまされないようにね・・・・・

さらに追記 バイオスハザードですが楽天のレビューで悲惨なことになってましたwww

質問やコメントは大歓迎です
トレーニングのコツやサプリメントの併用についてもどしどし質問してください。

テーマ:トレーニング - ジャンル:ヘルス・ダイエット

スポーツ | 00:23:16 | Trackback(0) | Comments(2)
資金不足
先月、PCを新調するようなことを言ってましたが
資金不足のため計画が断念されそうです。
まあ、10万前後の資金が必要ですから、学生には厳しかったのです(´Д⊂ヽ

そんなわけで、もう1年位待ってNehalem世代を狙おうかな・・・・・
でも、あの地雷を作ったオレゴンチームなんだよな・・・
期待してもいいのかな・・・・
でも待ちきれないな~妥協しようかな・・・

ところで、Core2とNehalemはアーキテクチャが根本から違います。
Netburstを進化させたものだとも言われていましたが、
実際にどのようなものになるかは定かではありません。
最大の特徴として、メモリーコントローラーを内蔵させたことがあります。
メモリーコントローラーはAMDのプロセッサには採用され内蔵されています。
Intelのプロセッサでは内蔵されていなく、マザーボードのノースブリッジに統合されています。
このためメモリ周りのスピードではCore2が負けてしまっていました。
これを打開すべく内蔵されたのだと思います。
また、HTテクノロジーが復活するともされております(あまりいい印象はないですけど・・・
(某Pentiumで採用されたがCore系プロセッサで廃止)

一番早いBloomfieldは2008年第4半期に発売予定ですがハイエンドなので手がでそうにありません。

私はメモリーコントローラが内蔵されていることによりメモリの性能を十分に発揮できると見込んでいます
でも・・2009年冬は受験戦争の最中・・・・・何もできそうにないです・・・・。

テーマ:自作・改造 - ジャンル:コンピュータ

パソコン | 20:05:35 | Trackback(0) | Comments(2)
トレーニング日記3/1withベータアラニンフラッシュ
今日も前回記したメニューと同じものを行いました。
そこでトレ前にベータアラニン・クレグル・EAAを摂ったのですが・・・

なにやらベータアラニンを入れすぎたようです。
やたら小さいさじが入っていたプリマのベータアラニンですが、(かなり安い)一さじ1gと書いていたので
とりあえず3スクープ入れてみたのです(暴挙でした

アップをして数分後それは起こりました・・

体が痒いそれも顔とかいろいろ

この現象はベータアラニンフラッシュと言って前々から知ってはいたのですが、ここまでとは
思いませんでしたね。(;´Д`) 
ただ、ベータアラニンはカルノシンの前駆体でありとても良い抗疲労効果があります。
この文章はかなり誇張表現してあるので (゚Д゚)ハァ? 怖がらずに使ってみてください。

コメント・質問大歓迎です


テーマ:筋トレ - ジャンル:スポーツ

スポーツ | 20:03:55 | Trackback(0) | Comments(4)

FC2Ad

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。