■プロフィール

safran

Author:safran
Birthday:1月19日
Blood type:A
Hobby:ウエイトトレ・PC関連
リンク・コメント大歓迎です!!

■真面目な記事
■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■月別アーカイブ
■ブロとも申請フォーム
■カウンタ
■ブログ内検索

■フランちゃん

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
クレアチンの進化
日本で売っているクレアチンはほぼ100%クレアチンモノハイドレートです。
これはクレアチンができてからの経緯を見ても最も古い物です。
それ故、研究結果も確かな物とされており、運動効果の向上が見込まれます。
しかし、モノハイドレートは胃で脱水されてクレアチニンになってしまうのと水分を引き込んでしまう
作用があり吸収率もあまり良くありません。
体重が増えてしまう副作用もあるため、敬遠する人も少なくありませんでした。

そして、これらを改善するために様々な工夫が施されるようになります。
例えばクレアルカリン、クレアチンを強いアルカリ性にして胃液から保護しようとしました。

次にクレアチンエチルエステル クレアチンにエチルエステル基を付加しています
これによりエチルエステル特有の親油性が加わり
より早く腸より吸収されクレアチントランスポーターを必要とせずに
筋肉細胞に直接吸収されると考えられています。

他にもクレアチンマレートなど様々なクレアチンが開発され続けてきました。
そして最新のクレアチングルコネートは
グルコース経路を最大限に活用できる設計となっており今までとは段違いの吸収力があるそうです。
ギャスパリ社のサイズオンなどクレアチンフォーミュラー系に導入されています。
nutraplanetでは単体販売をしており500gで35$です。
興味のある方はどうぞ。

また、日本のクレアチンの問題は価格にもあります。
例えば日本のD○Sのクレアチンモノハイドレートは300gで約3000円 グリコが同量で3400円
一方MRM社のクレアチンモノハイドレートは1kgで約21$ 現在のレートで約2200円です
何倍違うでしょうかね?
品質的にはどれも世界最上級グレードです。
参考までにnutraplanetでは1kgで13$とさらに安くなっています。
やはり、この値段の違いはサプリメントに対する文化の違い?だと思います。
アメリカでは予防医学が発達しており(医療保険制度がないため)
同時にサプリメントが発達しています。 
なので日本と差が出てしまっているのだと思われます。

やはり、サプリメントは海外製を利用した方がいいと私は考えますね。
スポンサーサイト


テーマ:トレーニング - ジャンル:ヘルス・ダイエット

スポーツ | 19:03:37 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
感謝
2chにリンクを貼りました。
日本語での数少ない有益なクレアチンについての記事なので。
2011-09-01 木 20:47:21 | URL | kingyp [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。