■プロフィール

safran

Author:safran
Birthday:1月19日
Blood type:A
Hobby:ウエイトトレ・PC関連
リンク・コメント大歓迎です!!

■真面目な記事
■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■月別アーカイブ
■ブロとも申請フォーム
■カウンタ
■ブログ内検索

■フランちゃん

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
筋肉を効率よく使うには?
ゴールデンウィーク中で休みということもあり
暇をもてあましている学生も多いことでしょう。
私は温泉、the 玉川に行ってきました、旧温泉の方です。すばらしい湯ですね。
さすが毒水とまでいわれた湯です。phは1~2 

それはさておき、私が最近力を入れていることは
体幹部の強化です。体幹部といえば代表的な筋肉に胸筋群、腹筋群、背筋群、臀筋群があります
なぜ体幹部を鍛えるのか?
スポーツをやる上で最も重要とされている筋肉群がこれらだからです。

しかし、体幹部というのはあまり意識的に使われる物ではありません。
陸上では常識的に見れば足が重要に見えるでしょう。
野球なら肩や腕なども重要に見えます。
確かにスポーツをした後どこが疲れたかというと大体が腕や脚など端部が疲れますね。

腹筋が疲れた、背筋が疲れた、尻が疲れたなんていう人はまずいません。
しかし、某有名野球監督は「良いピッチャーは尻がデカイ」といいました。
どうしてでしょうか?

それは、パワーフローの考え方に基づいているもので
長年の感がそれを自然に意識させた結果なのでしょう。
パワーフローというのは何か
ホースを思い浮かべてください。先を潰せば潰すほど勢いよく水が流れます。
同じように蛇口が出す水の量が多くなればなるほど勢いが増します。

要するに、体幹部というのは全ての力の源と言っても過言ではありません。
体幹部からでた様々な力のベクトルを
端部の筋肉で増強しつつ、外部に放ちます。
そのベクトルの大きさが実際のパワーとなるのです。

だから某監督は尻が大きいピッチャーは良い球を投げるといったのですね。

競技力を向上させたいなら、まずは体幹を強化しましょう。
まあ、体幹強化を実施するなら、他の部位をとなって、全部鍛えたくもなりますけどねww
そして、だらだらと、腹筋100回なんてのは意味がないので
しっかり負荷をかけてやってくださいね。

質問はコメントにどうぞ。
スポンサーサイト


テーマ:トレーニング - ジャンル:ヘルス・ダイエット

スポーツ | 17:50:59 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。