■プロフィール

safran

Author:safran
Birthday:1月19日
Blood type:A
Hobby:ウエイトトレ・PC関連
リンク・コメント大歓迎です!!

■真面目な記事
■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■月別アーカイブ
■ブロとも申請フォーム
■カウンタ
■ブログ内検索

■フランちゃん

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
続 サプリメントの購入
だいぶ日が空きましたが私のトレーニング計画は全然進行していません!!(キッパリ
なかなか忙しい(言い訳)もので取りかかりが悪い...

さて、前回の続きですが今回はカーボハイドレート(炭水化物)についてです。
トレーニングをする上でたんぱく質と同様に最重要とも言える物でもあります。
ウエイトトレーニングといえばプロテインの摂取は常識ですが、
炭水化物の摂取は見落とされがちです。
日本ではやせるorかっこよくなるためにトレーニングをするという人が多いため
炭水化物や脂質などを嫌悪する傾向が強いようです。
しかし、負荷の強いトレーニングを行った後は筋グリコーゲンは消費され少なくなります。
それを補充してやらないと回復が遅くなってしまったり弊害が出てきます。
でも、太りたくないから甘い物などは摂りたくないという方もいるでしょう。
そこは心配無用です、トレーニング後はいろいろなホルモンの影響で
カーボは体脂肪にはほとんど蓄積されず、グリコーゲンの補充に当てられます。
また、本格的にトレーニングをしている人はそのホルモンを利用して
蛋白同化作用を高めようともしています。
そのホルモンとは
インスリンです
インスリンは糖尿病などでよく名前が知られるホルモンですが
血糖値を下げる働きだけではなく筋グリコーゲンの補充や蛋白同化にも関わっています。
そこでGI(グリセミック・インデックス値)が高いカーボを摂取することにより
インスリンを体に出させてトレーニング効果を増大させようという方法です。
この方法はトレーニング後にプロテインとGI値の高いカーボ(マルトデキストリンやぶどう糖など)
を一緒に摂るだけです。大体1:1~1.5の割合

これはウエイトトレーニングの例ですが
他に総合型の運動をしている人にはさらにカーボの補給は大切になってきます。
ウエイトトレーニングをするときよりも遙かにシビアになります。
ここでのカーボの補給はインスリンの放出とは違い筋グリコーゲンの補充を重視します。
例えば高校の部活に入っているなんて人は積極的にカーボを摂取するべきです。
この場合のカーボはワキシマイズスターチが最良ですが(筋グリコーゲン補充のスピードより)
日本ではあまり売っていないため、粉飴なんかがいいかと思います。
粉飴のマルトテトラオースはぶどう糖よりGIが低く甘みも低いため運動後には摂りやすい。
最低砂糖でもいいので、運動後にはプロテインとセットで
何かを摂ることを心がけたい物です。
おにぎりなどもありですけどね。(すぐに食えるかというと???ですが)

カーボはまだまだ奥が深く、全然分からないこともたくさんあります。
勉強せねば・・・。

次はいよいよ、というか引きずりまくっていた、私が買ったサプリメントについてです。

スポンサーサイト


テーマ:筋トレ - ジャンル:スポーツ

スポーツ | 01:41:41 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。